協働のイロハを知ろう!

今年度最後のみさとねっと主催のスキルアップ講座を開催いたしました。講師は一般財団法人ふくしま百年基金代表理事の山﨑 庸貴 (のぶよし)さん。複数の主体が、目標を共有し、ともに力を合わせていくことは、今後ますます求められるようになります。特に行政とNPOが共通の目標を設定しお互いを信頼し、尊重し合うためには、普段から意見交換し、理解し合うことがまず大切です。中間支援の立場としては、行政が必要としているサポートに専門性のあるNPOの情報提供をするなど、やらなければいけないことも見えました。

今までの雛形ををちょっと書き換えるだけの仕事のやり方では、課題は解決しません。どんな目標を共有し、どんな成果を得るのか?協働のタネを探していくきっかけになれば幸いです。

 

参加者の皆さんからのアンケートをまとめています。改めて講座を振り返ることになるかと思いますのでぜひご一読ください。

 

スキルアップ講座協働のイロハ アンケート結果.pdf
PDFファイル 93.5 KB