「みさとねっと」(旧サポートみさと)は、集落・NPO・自治会・サークル・ボランティアなど、自主的・自立的な公益活動をしている人たちや、これから活動しようと考えている人たちを応援します。

 ◯アイディアがあるけどお金がない。◯NPOを立ち上げたい。

◯団体のスキルアップをしたい。        ◯仲間や会員を増やしたい。etc…

  

【仕切り直し】

みさとねっと主催SDGs de 地方創生ワークショップ開催します!

このままでは、私たちの社会は持ちこたえることができない」という認識が広まる中、SDGs(エス・ディー・ジーズ)という世界共通の目標が設定されました。今、地方創生や地域づくりの点からも大変注目されています。地域が抱える課題も、世界が抱える課題と根本原因や構造は似ています。SDGsの考え方を理解することは地方創生にも役立てることができます。そのことを直観的、体感的に感じて頂き、そして具体的なアクションへとつなげていくためのゲームです。初めての方でも楽しく体験が可能です!

ダウンロード
チラシのダウンロードはこちらから
SDGs地方創生2020.pdf
PDFファイル 439.0 KB

▼みさとねっとブログ▼

活動内容の情報発信事業

文化祭に参加しました。

続きを読む

視察研修2020

みっと主催の合同視察研修会開催しました。

続きを読む

SDGsを深めよう。

「このままでは、私たちの社会は持ちこたえることができない」という認識が広まる中、SDGs(エス・ディー・ジーズ)という世界共通の目標が設定されました。今、地方創生や地域づくりの点からも大変注目されています。
これまでの「大量生産・大量消費」は経済を豊かにしましたが、地球に大きな負担をかけ、格差を生み出してきました。これらに歯止めをかけるためには、理想の未来から今を考え、様々な問題を同時に解決する知恵が必要になってきています。
具体的にどんな試みが事例としてあるのかを中心にお話いただきました。

SDGsは課題解決のための、「共通言語」なのです。先進国、途上国、企業、自治体、学校、NPO……様々なプレイヤーで共有することが可能です。

 

続きを読む 0 コメント

NPOの資金集めと活動継続のコツ

NPOの資金集めと活動継続のコツ
〜ファンドレイジング講座〜


が会津美里町本郷庁舎「ふれあいホール」で開催されました。社会のために何かしたい。と思っている人は思うよりたくさんいらっしゃるんですね。クラウドファンディングや寄付付商品など資金の調達方法も様々です。「共感」を得るために自団体のミッションやあり方を見直すことを大切にしていきたいです。
講師の葛巻さん、ふくサポ野地さん、参加された皆さん、お疲れ様でした。

 

 

参考サイト
助成財団センター http://www.jfc.or.jp/
canpan助成(日本財団) https://fields.canpan.info/grant/
ふくしま地域活動団体サポートセンター https://f-saposen.jp/

続きを読む

合同視察を開催しました。

町内のNPO等を直接訪問して連携をすすめよう!ということでスタートしたみっと主催の活動視察。昨年までに町内のNPOはほとんど訪問済み…ということで今回は、会津若松市のAictさんを訪問させていただきました。施設ももちろんでしたが、藤井さんのお話や、後半のワークショップも含めてとても刺激的でした!

会津大学 藤井 靖史 さん
https://jma-ai.com/report/interview-u-aizu
介護とコンシェルジュという全く別の概念をかけ合わせた新サービス『fukucier』 https://fukucier.com/

続きを読む

旭ねっぱす設立総会開催しました。

会津美里町高田地区・旭では地域の交流の拠点であった、地区公民館が生涯学習センター分館に移行し、生涯学習指導員が常駐しなくなることから、今後もコミュニティーを維持していくために、任意団体を立ち上げることの必要性について検討してきました。

 

昨年末から5回の準備会の後、立ち上げ懇談会、立ち上げ発起人会を経て、平成31年4月14日午後、会津美里町長、議会議長、教育長、政策財政課参事の来賓を迎え、設立総会を開催いたしました。

発足した団体名は「旭ねっぱす」。会津弁で「ねっぱす」は「くっつける」の意味です。住民と住民、住民と旭分館、そして現在と未来をしっかりつないでいきたい。その接着剤の役割を担う意味が込められているとのことです。

総会終了後、鹿児島県鹿屋市串良町上小原にある人口300人の集落やねだん」DVD鑑賞を行い、目指すべき地域づくりについて共有しました。

 

またあわせて、選出されたばかりの役員により、第一回目の役員会を開催し、具体的な会の運営方法について話しあいました。

 

続きを読む

協働のイロハを知ろう!

今年度最後のみさとねっと主催のスキルアップ講座を開催いたしました。講師は一般財団法人ふくしま百年基金代表理事の山﨑 庸貴 (のぶよし)さん。複数の主体が、目標を共有し、ともに力を合わせていくことは、今後ますます求められるようになります。特に行政とNPOが共通の目標を設定しお互いを信頼し、尊重し合うためには、普段から意見交換し、理解し合うことがまず大切です。中間支援の立場としては、行政が必要としているサポートに専門性のあるNPOの情報提供をするなど、やらなければいけないことも見えました。

今までの雛形ををちょっと書き換えるだけの仕事のやり方では、課題は解決しません。どんな目標を共有し、どんな成果を得るのか?協働のタネを探していくきっかけになれば幸いです。

 

参加者の皆さんからのアンケートをまとめています。改めて講座を振り返ることになるかと思いますのでぜひご一読ください。

 

続きを読む

SDGsをどう活かす?

SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。 2016年から2030年の15年間で達成するべき目標で、国連で世界の国々が話し合って決めました。
全ての人たちが「持続的」に「人らしく生きる」ための世界共通の17のゴール(目標)、目標ごとの169のターゲットから構成されていて、もちろん日本も参加しています。誰一人取り残さない社会(Leave No One Behind)を実現するため、会津美里町が世界とどうつながっているのか?

NPOや企業が地域でSDGsをどのように使いこなすのか。というテーマで講座と一部ワークを交えて行いました。このままでは世界は持続不能…2030年にどんな未来を手にするかは私たち一人一人のトランスフォーム(変革)にかかっているのかもしれません。

 

アンケート及び、質問の回答をPDFでアップしました。↓

続きを読む

KPT法の使い方〜「ふりかえり」の手法を活用しよう。


これまでの活動(取り組み)を思い出して、これからどう歩んでいくのかを考えたり、活動の改善を目的に定期的に「ふりかえり」を継続しましょう。

ダウンロード
KPTワークシートをダウンロードできます。
KPTワークシート.pdf
PDFファイル 30.4 KB
ダウンロード
チャレンジシート
チャレンジシート.doc
Microsoft Word 33.0 KB

曼荼羅チャート

プロ野球大谷選手の目標達成用紙についてはこちらを参考にしてください。
(エクセルでダウンロードができます)
http://mr-newsman.com/archives/4393.html

ダウンロード
PDFファイルはこちらからダウンロードしてください。
曼荼羅チャート.pdf
PDFファイル 60.4 KB

利用方法

施設を利用する団体・個人は、最初に利用登録を行う必要があります。
所定の用紙に記入し受付までご提出ください。以後は、電話、 窓口への直接の申込みで予約を受け付けます。
※利用が終わったら利用報告票を必ず提出してお帰りください。

 

 

【利用対象者・対象団体】
利用できるのは、地域活動ネットワークに登録し、次の要件を満たす個人や団体です。
公益活動に関する打合せや、情報収集・発信、交流、相談、作業の場としてご利用ください。
【1】自主的・自立的な活動であること。
【2】営利を目的としていない活動であること。
【3】公益的な活動であること。

 

※趣味や娯楽、スポーツ・レクリエーションなどの活動でも、不特定多数の利益につながる場合は、公益性があるものと判断します。
※営利目的、宗教的、政治的な活動は対象となりません。
※公益活動以外の個人的な勉強、読書などには利用できません。