NEW   福島県新型コロナウイルス感染症対策支援交付金

申請受付期間  令和2年9月14日(月曜日)から令和2年11月30日(月曜日)まで

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、福島県緊急事態措置の解除後の「業種別ガイドライン」や「新しい生活様式」に対応するための取組みを行う、売上が一定程度(20%以上50%未満)減少している事業者に対し、10万円(定額)が交付されます。


家賃支援給付金 7月14日から2021年1月15日まで

 

▽中小企業などの法人で最大600万円、
▽フリーランスを含む個人事業主で最大300万円が、一括で支給されます。

ことし5月から12月の間の売り上げが、去年の同じ時期と比べて、
▽ひと月で50%以上か、
▽連続する3か月の合計で30%以上、減少したことが条件で、中小企業や個人事業主だけでなく、

医療法人や農業法人、NPO法人なども対象となります。

申請には(原則オンラインのみ)
▽去年分の確定申告書の控え、
▽売り上げ台帳、
▽賃貸借契約書の写しなどの書類をそろえる必要があります。

https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

申請受付ページはこちら

 ※会津エリアのサポート会場は会津若松商工会議所です。

出典:福島民報社↑

新型コロナウイルス感染症に伴う休業要請の対象外で、売り上げが激減(50%以上)した事業者への給付金(一律10万円)の申請が始まりました。

郵送か電子申請で受け付けています。9月30日まで

 

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金です。

NPO法人など幅広く申請できる「持続化給付金」をご利用ください。
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

 

★持続化給付金説明の動画
https://youtu.be/r2h035U4lcI

★持続化給付金申請手続きの動画

https://youtu.be/AlIkUy3FAnU

 

※持続化給付金の試算シミュレーションツール(中小企業庁ミラサポplus) https://mirasapo-plus.go.jp/infomation/5340/

 

会津美里町内の事業者(NPO法人等)の申請についてサポートを行います。

TEL:0242-36-7714(みさとねっと)

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、
生活資金にお悩みの皆さまへ

新型コロナウイルス感染症発生の影響による休業や失業等により、一時的に収入が減少した世帯を対象として、生活福祉資金貸付制度の福祉資金(緊急小口資金)及び総合支援資金(生活支援費)について特例貸付を実施しています。 

→相談窓口:会津美里町社会福祉協議会

〒969-6215 福島県大沼郡会津美里町下堀字中川360-4   TEL:0242-54-2940 

http://www.fukushimakenshakyo.or.jp/1000.1201.htm